2008年11月08日

「金融まつり」

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

国破れるは国のため
人は国のためにあらず


kinyu.jpg

砂の海原にて
富豪の宴は止むことなし

栄華は貧しき者をこそ
強欲に仕立て上げ
富への媚薬が
利殖への巡礼に誘いたもう

それど貴君は
そのよろめきから逃れし旅人

無残を寵愛する者こそ
私利私欲と戯れ
蕩尽への劇薬をも
煎じては亡国へと歩まれよう

国破れるは国のため
人は国のためにあらず
されど国あらば人は踊る

投げ札が支えるは
砂上の楼閣
豪奢な振舞が因果を隠蔽する




ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 01:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 08 情報の墓場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東京城誕生
Excerpt: 1868年やから140年前の11月26日やなあ、明治天皇が江戸城に入って、そこが東京城(皇居)ちゅうことになったんは。 明治維新なあ、まあ国をあげてのM&Aちゅうことになるんかな。 江戸時代..
Weblog: 野望のかたち
Tracked: 2008-11-26 23:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。