2008年12月28日

関連銘柄−少数派

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ


「絶望のロマンス」
この街は
空っぽの意味であふれているらしい

「時計台の下で」
サイレンがまわる
罪悪へと誘惑される






ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 08 情報の墓場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。