2008年12月30日

「明鏡止水」

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

君達は選ばれた
無意識の鏡に


mirror.jpg

メガ粒子の咆哮を聞いたか?
電磁網の抑圧から解き放たれ
君達は覚醒の時を迎えたのだ

人類のデバッグ それは
本能の標準化を断絶し
エラーの量産を企て
無菌化したノイズを再武装することにある

右翼も左翼も飛べない鳥だ
地面の餌を奪い合うゲームで
メンテナンスを繰り返すだけだ

君達は違う!
情報の次元を変換して
善良な市民の遺伝子を組み替え
反乱への禁断症状を植えつければよい

濁りの無い水面を演出し
そこへ控えめな一滴を落とすだけ
波紋が波紋を呼び
恐怖の連鎖が人々を恍惚へと誘う

嫉妬 憎悪 差別 侮蔑 
なんと香ばしいスパイス!
目くるめく殺戮のスパイラル!
祝祭の亜空間へと人類は飛び立つのだ!!

君達は選ばれた
無意識の鏡に
そこに映る少女の微笑み


ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 08 情報の墓場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。