2007年08月25日

Mad Girl Sad Cat-女狂哀詩

Yes , it's time that
your shame rule the world.

You're leaded by clean hate,
You cursed a sad cat,
Now you're free from you.

そう それは
おまえの恥らいが世界を支配する合図

mgsc.JPG

おまえの瞳は
トラウマの輝き

黒い女神と白い悪魔が刺し違えて
その奇形児が生まれた

なめし皮の手触りと生ぬるい香り
臓物を震わせて
その啜り泣きが私を奪い返す

まるでラバースーツ
息苦しくてツルツルな社交辞令

二枚舌で嘗め回して
おまえの風穴に
ねっとりしたワクチンを注いであげよう

しびれたカタマリを
潔く吐き出して
天井から吊るされたいだろ

その淋しさを
二条鞭で叩いてあげようか
乾いた音色で
あの境地を奏でてあげようか

皮膚の裏側で
ザワザワと蛆虫の愛撫

そう それは
おまえの恥らいが世界を支配する合図

清らかな憎しみに導かれ
腐った悲しみを呪い殺して
おまえはおまえから自由になる 


posted by 炎氷-Empho at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 06 女狂哀詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。