2007年08月25日

「大喰生命」‐Life Eater

ookurai.jpg


 生肉をかじり

  背骨をしゃぶり

   鮮血のスープをのみほす


 おまちたちを殺して生きる

  俺たちは生き延びて腐る

 おまちたちは殺されて生きる

  俺たちは生かされて呆ける


 生肉は本能の味

  背骨は生命の歯ごたえ

   鮮血のスープはお祭りの舌なめずり


 おまえたちは俺の中で生きる

  俺たちは命の外側でうろたえる


 その皮を剥ぎ取り

  手と足をもぎ取り

   両方の目をえぐり

 喰らい栄え飢える 喰らい栄え飢える


 生肉をかじり

  背骨をしゃぶり

   鮮血のスープをのみほす


 俺たちは地球上で放し飼いの王者

  おまえたちに胃袋を支配された亡者


 俺たちはキレイ事へと逃げ続ける

  おまえたちがその残骸を食い漁る


にほんブログ村 ポエムブログへ


ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 06 女狂哀詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。