2007年10月10日

「踊るように喋りたい(ver.2)」

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

踊るように喋りたい

P0001663.jpg


踊るように喋りたい

意味が無くても喋りたい

鏡の中で踊る君に向って


突き上げるダンスビートに背中を押されて

打ち込まれたリズムが

打ちひしがれた心臓を焚き付けるままに

踊るように喋りたい

 
ミラーボールの回転よりも目まぐるしく

身震いする音量で訴えるパワーアンプよりも騒がしく

飛び交うレーザー光線の色彩よりも妖しくそこでブレイク

スクラッチノイズ

BPMは120ジャスト


繋ぎ目無しで喋りたい

繋いだ目線で口説きたい

ジャンルも年代も関係無く

脈絡も文法も関係無く喋りたい


ジャズ喫茶で流れるフリースタイルよりもいい加減に

裏通りの名画座で流れる3本立て1,500円よりもだらだらと

古本屋の店頭で山積みになった3冊100円よりも安っぽく

踊るように喋りたい
 

中古レコード屋で掘り出した名盤にまつわる思い出もぶち壊して

押し問答の末に土俵際でうっちゃりをかまし

押し売り強盗に向かってセールストークを叩きつけるように


押しも押されぬスターを夢見る路上詩人は
発声練習から始めるべし


踊るように喋りたい

踊る阿呆よりも わざとらしく


喋る 喋る 馬鹿の一つ覚えよりも 徹底的に

喋る 喋る 研いだばかりの包丁よりも 歯切れ良く

喋る 喋る 負け犬の遠吠えよりも 未練がましく 


小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ


ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 03 モノローグマニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う
Excerpt: 舞台だと、どうしても分かりにくい部分が出てきてしまいますが、この本を読んでおけば「あ、そのネコ!」・・・とすぐに結びつける事ができて、より舞台を楽しむ事ができます。原作と比較して「どうなの!?」と思っ..
Weblog: 詩がいいと思う
Tracked: 2007-10-16 23:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。