2007年10月12日

「洗礼」

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

黒い十字架を
ぎこちない心に刻み

「洗礼」/炎氷


電気仕掛けの部屋で

俺達は暗闇を奏でる

シンコペーションの鼓動

アンプリファイヤーの躍動


青い旋律を浴びせ

狂えない体を

ゆっくりと開き

甘い毒を注ぎこもうか


指先で弾いた夜に

小奇麗な人間の服を脱がせ

幻想の出口へと

導かれるままに


機械仕掛けの街で

俺達は光を砕く

ルール好きなエゴイストへ

目覚めのディストーション


黒い十字架を

ぎこちない心に刻み

か弱いロボット達を

白昼の死角で分解しようか


口先で固めた組織に

野太い獣道を貫通させ             

本能の入口へと

導かれるままに


自分仕掛けの愛を

つま先で踏みにじり

閉ざされた楽園から

開かれた地獄へと逃げ出そうか


にほんブログ村 ポエムブログへ



ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 03 モノローグマニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。