2007年10月28日

「システムの媚態」

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

肉体の喜びを精神の病に変換する


システムの媚態 


沈黙が心の襞を揺さぶる

唇は熟れた果肉

素肌は麝香をまとい

ビロードのヴェールの下から

生け贄の気高さが漂い

プラチナの首飾りは鎖骨でわなないて

青い溜め息と濡れる


この部屋は月明かりに満たされ

ひび割れた鏡の中で

二つの影は交わり

その写像は黒猫の瞳に焼き付けられ

コウモリたちに媒介され

摩天楼のサイボーグへと蔓延する


その儀式は

呪われたプログラムを起動させ

ミクロ単位の緊張感を解きほぐし

マクロウィルスの生真面目さで

僕達を弛緩の彼方へ連れ去り

肉体の喜びを精神の病に変換する


僕達は時間の消えた場所で生まれ

脳髄の空腹に突き動かされ

幻想の乳房を求めながら

野性パッケージを身にまとい

太古の祝祭を再生する
 

唇は悪魔の手先

素肌は生け贄の誘惑

沈黙はシステムの媚態


僕達は存在を無くした時間の中で

脳髄の満腹感を増幅させ

幻想の乳房を頬張りながら

死に絶える貴族の末裔ではないと

言い切れるだろうか 


小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ


ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 02 システムの媚態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大都会 / ボードレール
Excerpt: 雑踏する大都会、妄想でいっぱいの大都会、 ここでは幽霊が真昼間に現れて、道行く人の袖をひく! 不可思議は至る処、樹液の様に この逞しい大都市の狭い運河の中を流れている (七人の老爺 / ボ..
Weblog: 野望のかたち
Tracked: 2008-05-20 19:26

Dimension 次元
Excerpt: Lips are minions of the devil. Skin is the temptation to sacrifice. Silence is a system coquetry...
Weblog: 野望のかたち/炎氷
Tracked: 2010-02-26 14:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。