2008年04月09日

「箱庭」

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

目に見えない言葉に囲まれ
聞こえないセリフに騙され
触れられない素肌に憧れる

dome024.jpg


いつから囲まれたのか

どこから騙されたのか

何が設計図に書いてあるのか


歪んでいる 超高層ビル

淀んでいる ネオンの唇

よろめいている 着進メロディー行進曲


ジュラルミンの箱に運ばれ

無線電波の雨に打たれ

ブラウン管の中へと旅に出る


この場所じゃない

この時間じゃない

この自分じゃない


目に見えない言葉に囲まれ

聞こえないセリフに騙され

触れられない素肌に憧れる


飛び出す絵本を開いて

飛び出た目玉を信じて

飛び交う噂の渦へ

飛び込み泳いで行く




ラベル:詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 99 道化師と踊れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。