2008年04月22日

「ラッシュアワー」

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

飛び交うノイズの中

聞き逃すことはない
gareki333.jpg

歩いてぶつかる鉄の壁

叩いて開かないドアの音

背中で感じる不協和音


 飛び交うノイズの中

 聞き逃すことはない


呼び起こせ

記憶の底から

研ぎ澄ませ

刃渡りの先まで


時だけが刻まれ過ぎ行く

作りかけものが増え行く

手に入れたものは壊れ行く


 乱れる光の中

 見失うことはない


照らし出せ

瓦礫の山から

削ぎ落とせ

原石の芯まで


ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 99 道化師と踊れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Protean 流転
Excerpt: Time flies just carved. Only those going more in the making. Got something, go all corrupt. 時だけが ..
Weblog: 野望のかたち/炎氷
Tracked: 2010-03-24 14:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。