2007年09月01日

「切り裂くのがお好き?」

おれを見つめるのに

続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 23:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プロデューサー」

人生の断片でモザイクを作れ

続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「一夜物語」

誰が俺なのか選ぶ

続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「絶望のロマンス」

この街は 空っぽの意味で

続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「落とし前」

天罰は神様が下すのではない

続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「メルトダウン」

真実に騙されて踊るシルエット
孤独を買いあさって
絶望で武装しているサイボーグ


続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 22:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「とびら」

これから

続きを読む
posted by 炎氷-Empho at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ceramics Deams-セラミックドリーム

Take on your mask
Take off your face
Take out your heart
Sell the clean bodys
Buy the dirty wings
Dance dance with skeleton bones

仮面をつけろ 
素顔をはずせ
こころをすてろ
綺麗なからだを売り払い
汚いツバサを手に入れて

踊れ 踊れ ガイコツと一緒に続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プチファシスト」

殺しが正義だから


続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大禍時(おおまがとき)」

煙が舞うしらべ 夕暮れの非常線

続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

「呪縛のプリズム」

jubaku02.jpg


メディアを浴びて育った

触れない世界に侵され

繋ぎっぱなしの人生がそのまま


不自然な自然

捏造される原風景

欲望の温床


まごころの支配から脱却し

人工感情のネットワークを

駆け巡る


目の前と溶け合って

頭の後で操つり合って

わたしとわたしが

奪い合ったままで


にほんブログ村 ポエムブログへ
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

「インストール」

install.jpg


夜 時間の海

まだら模様の生物たち


まばたきからまばたきへ


光 最初の記憶

笑顔におぼれた救世主


器から器へと放浪する


人格の輪郭は

いつも混ざり合ったまま


声 地獄への道しるべ

生き様に死に化粧を添える響き


過ちから過ちへの綱渡り


闇を操る鼓動

その隙間から落ちて行くのは


過去と未来

男と女

独裁者とアナキスト

争いと馴れ合い


目を閉じれば見える

耳を塞げば聞こえる

口を開けば消え失せる


にほんブログ村 ポエムブログへ
ラベル: 詩人 炎氷
posted by 炎氷-Empho at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 05 絶望のロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。