2008年07月26日

ロサンゼルス2

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ


「ピエロ」〜バレリーナクラウン
エゴイズムの腰つき
エマニエルのつま先
エクセルを凌ぐプログラム


「ローラーブレード」
光のシャワー
不機嫌の果実と
浮気な波乗り少年を濡らして

続きを読む


ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

ロサンゼルス1

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ


「タイプライター」
頭の中は空っぽ
指先は饒舌


「開拓の記憶」
未来を食い尽くす 現代人の胃袋


「天使」
男の落書き
女のさえずり
続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

アジア1

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ


「真冬の蜃気楼」
真冬のアスファルトの上に蜃気楼は見えたか


「どんぶり感情」
どんぶりの中に世界がある
続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

ソウル2

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ


「乱打劇場」
どどーん どどーん どどーん
どんるぱ ばっくれちょ


「雪化粧」
屋外の彫刻 三体の老人
悲しみと楽しみと慈しみ
続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

ソウル1

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

「キムチ」

白い肌に赤い饒舌


「しゃちょーさん!!」

お待ちしておりました
見るだけタダです
見てらっしゃい






続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

香港2

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

「大喰生命」‐Life Eater

生肉は本能の味
背骨は生命の歯ごたえ
鮮血のスープはお祭りの舌なめずり


「欲望最前線」‐The front of Desire

剣 弾丸 硬貨 電脳
美女 権力 夜会 密会
口から生んで口で殺す
続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

香港1

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

「電脳夜景」〜サイバネティック・ナイト

欲望のディスプレーが
クルクルと回る変る 
サブリミナルにささやきかける


「水上哀歌」〜ふろーてぃんぐ・えれじー

きれいなまちには
ぼくたちが じゃまだ
くさい きたないって
続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

ヨーロッパ1

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ


「機上の遠吠え」

自分なんて邪魔なんだ
そんな安全地帯なんてどこにもない


「石の街」

西日の温もりは
不純な動機をも包み
大らかな秩序へ収束する
続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

ニューヨーク4

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ


「ロークフェラー」

会話と買物が
生活を潤します
沈黙と倹約は
生活を砂漠にします


「秩序の森〜ブロードウェイ」

背中の爪跡よりも赤く
朝焼けの空よりも深く
この街の夕暮れよりも偽りに溢れて
ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

ニューヨーク3

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ


「教会にて」

十字架の重みを
知らない代わりに
人生の軽さに退屈している


「エセげいじゅつ論」

おごりの宝石が
人類を神へと狩り立てた


「シュガーシャック」

忘れていないか
言葉が歌声より美しく光る瞬間を
ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

ニューヨーク2

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

「バードランド」

野生動物のため息
真夜中のジャングルに
亀裂が入る瞬間だ


「ホットドック」

チップと同じ値段で
空腹を忘れさせる俺達は
ホテルのポーターより
感謝されても良い

ラベル:ポエム 炎氷 詩人
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

ニューヨーク1

小説・詩 ランキングにほんブログ村 ポエムブログへ

「長距離列車」

キリスト教は教会の中に閉じ込められ
証券市場の取引価額が
神の証言を代弁する


「エンパイヤステートビル」

未来を夢見れば
歴史の不手際を忘れ
現実の味付けを
控えめに抑えてしまう


「クラシックパンク」

風が吹いても
赤いモヒカンはびくともしません

続きを読む
ラベル: 詩人 炎氷 ポエム
posted by 炎氷-Empho at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 母国語の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。